2016年7月26日火曜日

生き地獄

悲しいのか、幸いなのか 子は親と
同じような生き方になる
と、寮母さんが言っていた

私は、本当に
生きていても 子の荷物になるだけ

生かされてるのは何故だろう
最後に人生ちゃらでなんぼやと思う
お釣りを残さないように
しなければ、と思いながら
堂々と、歩けない 生きれない
私のしてきた事は、あまりに
罪深い。
まだ、いきないといけませんか

0 件のコメント:

コメントを投稿